髪の悩みを抱えている方は多いと思います。

昔は薄毛といえば男性だけのものでしたが、最近では女性にも増えていますよね。

他にも、白髪が増えてきたり、髪のツヤやコシがなくなるなど、悩みは尽きないものです。

そこでオススメしたいのが豆乳

豆乳には、髪に良いと言われている成分が豊富に含まれているので、改善効果が期待できるんです。

「豆乳さえ飲んでいれば髪がフサフサになる」とは言い切れませんが、飲まないよりは飲んだほうが良いことは確かです。

そこで今回は、豆乳が髪の毛にどんな効果をもたらすのかについて詳しくお話していきましょう。

健康的な髪を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


豆乳がなぜ髪に良いのか?


豆乳には『大豆イソフラボン』が含まれていることは広く知られていますが、まずこれが髪に良い影響を与えてくれます。

というのも、大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つである『エストロゲン』と似た働きをするんですね。

髪の毛は女性ホルモンの働きで成長しますので、この大豆イソフラボンをしっかり摂ることはとても効果的なんです。

また、髪の毛そのものはタンパク質で構成されていますが、豆乳には『大豆タンパク』が豊富に含まれています。

つまり、髪の毛の材料を豆乳で補給できるということですね。

さらに、髪が薄くなったり、白髪やツヤがなくなったりする主な原因は血行不良だと言われています。

血液が十分に頭髪に行き渡らないので、栄養も回って行きにくくなっているわけですね。

ですが、豆乳に含まれている『レシチン』という成分には血流を良くする効果があります。

その上、『リノール酸』が血管内のコレステロールを取り除いてくれるので、ますます血行が改善されていくということなんですね。

豆乳に含まれている、これらの大豆イソフラボン、大豆タンパク、レシチン、リノール酸など、様々な成分の相乗効果で髪が健やかに育ちやすくなるわけです。

豆乳の効果で髪がよみがえる?薄毛や白髪を改善できるかも

効果があらわれるのはいつ頃?


髪の毛が新しく生まれ変わるには3ヶ月程度かかると言われています。

ですから、少なくとも3ヶ月以上は飲み続ける必要がありますね。

今日飲んで明日効くというものではありませんから、そこは注意しておいてください。

基本的には半年~1年という長いスパンで考えておくほうが確実です。

スポンサーリンク


より効果的な飲み方は?


基本的に特別な飲み方は必要ありませんが、なるべく夜寝る前に飲むようにすると、より効果を実感しやすいでしょう。

というのも、人間の身体は睡眠中に修復されますが、髪の毛が作られるのもこの間です。

ですから、寝る前に豆乳を飲んでおけば、髪の毛を成長させる条件が整いやすいので、意識してみてください。

ただし、飲み過ぎてはいけませんよ。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることは先程もお話しましたが、あまり飲み過ぎるとホルモンバランスを崩すこともあるので、コップ1杯程度を目安にしておいてください。

また、できれば早めに寝ることも心がけてください。

夜10時から深夜2時くらいまでを“睡眠のゴールデンタイム”と呼ぶこともありますが、実際にこの時間は身体の修復能力が高いと言われています。

この時間に寝ていると、豆乳の効果もあらわれやすいですから、生活習慣の改善も合わせて意識しておくと良いでしょう。


終わりに


豆乳が髪の毛にどんな効果をもたらすのかについて詳しくお話してきました。

最初にもお話したとおり、豆乳を飲んでおけば絶対に髪が生えたり白髪がなくなるというものではありませんが、飲むことが良い影響をあたえることは確かです。

また、髪のツヤやコシが戻ったことを実感している人は多いですので、飲んだほうが良いのは間違いないでしょう。

毎日、少しの豆乳を飲むことで嬉しい効果が期待できますから、ちょっと気長に構えて、ぜひ続けてみてください。

スポンサーリンク