「豆乳は身体にいい」と、なんとなくそんなイメージを持っている人は多いと思います。

でも、具体的に何がいいのかと聞かれると、答えられる人は少ないかもしれませんね。

身体にいいことは確かですので、ただ飲んでいるだけでも問題はないのですが、同じ飲むなら効果をしっかりと知っておきたいもの。

その方が、理想の自分になるために活かしやすいですよね。

特に豆乳には、大きな美容効果が期待できるので、どこにどう働くのかを知っておくと、飲むのがもっと楽しくなりますよ。

そこで今回は、女性に嬉しい豆乳の効果について詳しくお話していきます。

健康的な美しさを手に入れるために、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


豆乳といえば大豆イソフラボン


豆乳の成分というと、真っ先に『大豆イソフラボン』を思い浮かべるという方も多いことでしょう。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つである“エストロゲン”に似た働きをすることでも知られています。

ということは、豆乳を通じて大豆イソフラボンを摂っていれば、女性らしさがアップすることにつながるんですね。

まずは年齢を問わず『美肌効果』が期待できます。

というのも、大豆イソフラボンにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、これにより肌の潤いやツヤ、ハリなどが増してくるんですね。

また、皮脂の分泌を抑える働きもあると言われていますから、ニキビもできにくくなりますよ。

さらに、年齢を重ねると女性なら必ず迎える『更年期障害の緩和』にも効果があります。

更年期になると女性ホルモンが少なくなるために様々な障害が起きるわけですが、豆乳で大豆イソフラボンを摂っていれば、それを補うことができます。

その上、『骨粗しょう症の予防』にも効果があるとされていますから、生涯にわたって女性の身体を支えてくれるといえます。

まとめると、

  • 美肌効果
  • 更年期障害の緩和
  • 骨粗しょう症の予防

という3つの効果が、大豆イソフラボンから期待できるということです。

豆乳の効果~女性にはこんなに嬉しい働きが期待できますよ!

ダイエットや生活習慣病の予防にも


豆乳に含まれているのは大豆イソフラボンだけではありません。

他にも、

  • 大豆タンパク質
  • リノール酸
  • レシチン
  • サポニン
  • ビタミンB郡

など、様々な栄養素が豊富に含まれているんです。

特に女性に嬉しいのは、『サポニン』『レシチン』によるダイエット効果ですね。

サポニンには、食事で摂った脂肪分が体内に吸収されないようにするという働きがあります。

つまり、脂肪の蓄積を防いでくれるわけです。

それに加えてレシチンには、腸内の悪玉コレステロールを減らすという働きがあります。

これによって便秘の解消にもつながりますから、嬉しい限りですね。

またレシチンには、血液をサラサラにする効果もあると言われていますから、生活習慣病の予防も期待できますよ。

スポンサーリンク


さらには認知症やうつ病にも効果が


先ほどのレシチンには、脳を活性化する働きもあると言われています。

さらにビタミンB郡が脳のエネルギーになりますから、より一層、脳が働きやすい状態を作り出すことができます。

これが認知症の予防にもなりますし、うつ病の緩和にも役立つでしょう。

また、そこまで深刻な状態ではなくても、ビタミンB郡にはリラックス効果がありますので、ストレス解消も期待できますよ。


終わりに


女性に嬉しい豆乳の効果についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか?

なんといっても大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た成分が入っていることが一番の特徴です。

美容効果をはじめ、更年期障害や骨粗しょう症など身体面での健康にも、また認知症やうつ病など精神面などでの健康にも効果が期待できますから、これは見逃すことができませんね。

毎日の食生活に豆乳を取り入れて、女性らしい健康を手に入れましょう。

スポンサーリンク