最近では、メイクをし始める年齢がどんどん下がってきていますね。

その分、早い時期からスキンケアに目を向ける人が増えてきていますが、高校生くらいになると誰もが当たり前のように行なっていることでしょう。

今では高校生向けのスキンケア商品なども、どれを選べばいいのか迷うほど販売されていますが、それとは裏腹に「本当に肌に良いケアがどんなものなのか?」ということはあまり知られていないかもしれません。

若いころなら、お肌に多少の無理を与えても回復しやすいものですが、できるなら早いうちから本当に効果的なスキンケアを行なっておきたいものです。

そこで今回は、高校生の方にぜひ知っておいてほしいスキンケアの基本についてお話していきます。

これから先も、ずっと若々しいお肌を維持するために、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


高校生の洗顔に欠かせないもの


中学から高校生くらいの、いわゆる思春期になると、ニキビを気にしている人も多いと思います。

昔は“青春のシンボル”と言われたこともありますが、できるならない方がいいものですよね。

このニキビをなくすために欠かせないのは、いうまでもなく洗顔であり、このときに使うのが、洗顔フォームですね。

そして、実はどんな洗顔フォームを選ぶのかということが、高校生の洗顔にとって大きなポイントになるんです。(高校生に限ったことではありませんが・・・)

スキンケアの基本~高校生が知っておきたい洗顔のポイント

洗顔フォームを大別すると


ドラッグストアに行けば様々な洗顔フォームがあり、それぞれに特色もありますが、特に重要なポイントとなるのは、『洗浄力が強いものか、弱いものか』ということです。

パッと見ただけだと、「洗浄力が強いほうがいい」と思われるかもしれませんが、実はそうとも限りません。

と言うのも、『洗浄力が強い=肌に負担がかかりやすい』という傾向があるからです。

逆に、洗浄力が弱いものは肌の負担は少ないものの、汚れが残りやすいという傾向もあります。

もちろん清潔にすることはスキンケアの基本として大切なことなのですが、強すぎる洗浄力のために肌が荒れてしまったのでは意味がありません。

肌が強いかどうかは個人差がありますので、一概にどちらが良いとは言い切れないのですが、少なくとも洗浄力が強すぎるものは避けておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク


皮脂に対する誤解


一般に皮脂というと、肌の汚れの代表的なもので、ニキビの原因だというイメージが強いと思います。

確かに、そういう面もあるのですが、だからといって皮脂がすべてなくなればいいのかというと、決してそういうわけではありません。

というより、皮脂をなくすことは不可能なんです。

なぜなら、皮脂というのは私たちの身体から分泌されている天然のプロテクタのようなもの。

つまり、お肌を守る働きをしてくれているんです。

それを根こそぎ奪うような洗顔フォームを使うと、肌が無防備になりますから、身体は過剰に皮脂を分泌し始めます。

すると、かえって脂っぽい肌になってしまうんですね。

ですから、あまり洗浄力が強すぎるものを使うのは、避けておいたほうが良いでしょう。

人によっては、ぬるま湯で洗うだけで十分だと言っているほどです。

できるだけ肌に優しい洗顔フォームで、丁寧な洗顔を心がけるようにしてください。


終わりに


高校生の方にぜひ知っておいてほしいスキンケアの基本ということで、主に洗顔と洗顔フォームについてお話してきました。

清潔にすることは大切ですが、洗浄力が強すぎるものは肌に負担をかけやすいですから、なるべく避けるようにしましょう。

穏やかな洗浄力のもので、丁寧に、そして優しく洗顔するということが大切なポイントとなります。

高校生のときから、それに気をつけておけば、大人になってからも美しい肌を保つことができますから、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク