寝起きの子供さんに顔を近づけたとき、口臭がキツかったら親御さんとしては気になりますよね。

「こんなに小さいのに口臭がするなんて、何かの病気かしら?」と心配になってしまっても無理はないと思います。

結論から言うと、寝起きに口臭がするということは子供の場合にもあるので、あまり心配ないケースもあるのですが、中には放っておくと病気につながってしまうものもありますので注意は必要です。

小さい子供さんは、自分でケアできない部分も多いですから、やはり親御さんが気をつけてあげないといけませんん。

そこで、寝起きの子供さんの口臭がキツくなる理由と、その対処法について詳しくお話していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


寝起きの子供の口臭が強くなる3つの理由


子供さんが寝起きのときに口臭がキツくなるのは、主に3つの理由が考えられます。

  • 歯磨きが不十分
  • 舌が汚れている
  • ドライマウス

概ね、この3つに分類できますが、これらを放置してしまうと虫歯になったり、またその虫歯が原因で歯の噛み合わせが悪くなったりして骨格などにも影響が出る場合もあります。

ですから、なるべく早くから対処してあげたいものですね。

子どもが寝起きのとき口臭がする~これって何かの病気?

基本は丁寧なマウスケア


歯磨きの習慣をつけてあげることは、言うまでもなく大切ですね。

口の中に食べ物のカスが残っていると、口臭の原因になるのは当然ですし、虫歯にもなってしまいます。

ですから、早いうちから習慣づけてあげたいのですが、嫌がる子供さんも多いですから、遊び感覚で歯磨きさせるなどの工夫も必要でしょう。

また、やさしく舌の掃除をしてあげることも必要です。

子供は成長のスピードが早いため、新陳代謝が活発です。

そのため、口の中で古い粘膜がはがれていくのですが、それが舌の奥の方にたまり“舌苔(ぜつたい)”と呼ばれる苔状のものになります。

これを定期的にとってあげましょう。

ただし、子供の舌は大人以上にデリケートですので、子供専用の舌クリーナーで軽くなでるように手入れしてあげてください。

これらの手入れを習慣化するだけでも、かなり寝起きの口臭は治まってくるはずです。

意外と多いドライマウス


ドライマウスとは、その名の通り、口が乾いてしまうことですね。

主な原因として口呼吸が挙げられますが、風邪などで鼻が詰まったときに癖になってしまうことも多いようです。

口呼吸でドライマウスになると、唾液が少なくなり、口の中に雑菌が繁殖しやすくなります。

これが口臭の原因になるんですね。

特に寝ているときには口が開いてしまいやすいですから、寝起きの口臭もキツくなるというわけです。

普段から口を開けていることが多いようであれば、鼻炎など鼻の病気があるかもしれませんので気をつけてあげましょう。

また、唾液を分泌させるには、口を閉じるだけでなく水分をしっかり補給することも必要です。

ただし、ジュースなどの糖分が多い飲み物は、虫歯の原因にもなりやすいため、あまりオススメはできません。

子供さんは欲しがるでしょうが、なるべく水やお茶などを飲む習慣をつけてあげましょう。

スポンサーリンク


しっかり噛むことが口臭予防にも


食事をするときに、しっかり噛むことも唾液の分泌を促します。

最近は柔らかい食べ物が多いですが、野菜や果物などの食物繊維が多いですがものを食べる機会を増やしてあげると良いでしょう。

これは偏食予防にもなりますから、口臭以外の健康面でもオススメです。


終わりに


寝起きの子供さんの口臭がキツくなる理由と、その対処法についてお話してきました。

ポイントは、丁寧なマウスケアドライマウスの予防です。

口の中を清潔に保ち、唾液が十分に分泌されていれば、口臭はなくなっていきます。

子供の頃に良い習慣を身につければ、それが一生役立ちますから、歯磨きや舌の掃除、よく噛むことなどを根気強く教えてあげてください。

スポンサーリンク