お風呂から上がろうとしたときに、急に目の前が暗くなって倒れそうになったことはありませんか?

いわゆる“立ちくらみ”の症状ですね。

立ちくらみは男性よりも女性に多いと言われていますが、高齢になると男女問わず増えてくる傾向があるようです。

軽いものであれば、そんなに心配ないケースも多いのですが、症状が強ければ本当に気を失ってしまうこともありますから注意が必要です。

そこで、お風呂あがりになぜ立ちくらみが起きるのかという原因と、効果的な対策を順にお話していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


立ちくらみの原因は?


立ちくらみは『眼前暗黒感』『起立性低血圧』と呼ばれることもあります。

こんな名前がつくと、とても重い病気のような気がして急に怖くなりますね。

ただ、これらの名前は症状をイメージしやすいように付けられているといいます。

さて、その立ちくらみの原因ですが、主に次の3つが挙げられています。

  • 長風呂のし過ぎ
  • 風呂あがりに急に立ち上がろうとする
  • お湯の温度が熱すぎる

では、これらを詳しく見ていきましょう。

お風呂での立ちくらみ~原因と対策をご紹介します!

長風呂のし過ぎ


お風呂に入っていると心地よくなりますが、これは体温が上がって血管が緩んでくるからなんですね。

この状態で、お風呂から出ようと立ち上がると、血液は身体の下の方に一気に下がってしまいます。

すると、脳内の血液が少なくなり、酸素も供給されにくくなるので立ちくらみが起こってしまうわけです。

風呂あがりに急に立ち上がろうとする


これも長風呂と似たような理由ですね。

血管が緩くなっているときに急に立ち上がると、どうしても血液は急降下してしまいます。

これは、ゆっくり立ち上がるだけでも、かなり改善されますよ。

お湯の温度が熱すぎる


「熱いお風呂が好き」という方もいらっしゃいますが、これも立ちくらみの原因になりやすいものです。

熱いお風呂に入っていると血圧が上昇しますが、逆に言うと、お風呂から出るときには一気に血圧が下がりやすいのです。

そのため、立ちくらみが起きるんですね。

また、熱いお風呂が好きな人ほど肩まで浸かることを好む傾向がありますが、この状態では心臓が圧迫されて相当な負担がかかり血流が悪くなります。

お風呂から出ると、その負担が開放され一気に血液が流れ出すので、立ちくらみにつながるわけです。

立ちくらみの対策は?


これらの原因を見ていくと、どんな対策が効果的なのは自ずとわかってきますね。

つまり、

  • あまり長風呂をしない
  • ゆっくりと立ち上がる
  • お湯は38~40度程度にする

ということになります。

長風呂というのがどのくらい以上を指すのかは個人差もありますが、立ちくらみしやすい人は今までより短めで上がるようにしましょう。

そして、お風呂から出るときに、ゆっくり立ち上がることは必須です。

これだけでもずいぶん改善できますから、ぜひ覚えておいてください。

また、お湯は38~40度程度にしておきましょう。

熱いお湯が好きな人には物足りないかも知れませんが、これも慣れですので早速試してみてください。

スポンサーリンク


オススメは半身浴


立ちくらみの対策として一番いいと言われているのが『半身浴』です。

「半身浴は寒いから苦手」という方もいらっしゃいますが、これが長い目で見ると一番効率的に体を温める方法だと言われているんですよ。

また、半身浴なら比較的長く入っていても立ちくらみを起こしにくいですから、長風呂が好きな人にはマッチしていると言えるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。


終わりに


お風呂上がりの立ちくらみの原因と対策についてお話してきました。

ここでご紹介した方法を実践すると、かなり防げるようになるはずです。

「立ちくらみくらい・・・」と軽く見ていると、思わぬケガなどにつながることもありますから、しっかりと対策するように心がけましょうね。

スポンサーリンク