食後のムカムカ、それに吐き気

これって辛いですよね。

たまのことだったら良いんですが、割と頻繁に起こると食事も楽しめなくなりますし、場合によっては仕事のパフォーマンスに影響することもあります。

それに、そんな理由がなかったとしても気持ちの良いものではありませんから、なるべく早く解消したいものです。

私も、結構長い間、食後のムカムカと吐き気には悩まされたんですよ。

で、今はどうなったかというと、かなり改善して、ほとんどそんな症状があらわれることはなくなりました。

私がどうやって改善したか、知りたいですか?

って、もちろん知りたいですよね。

それでは、私が実践して食後のムカムカと吐き気を解消した方法をお話していきます。

食後に気分爽快になれるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク


食後のムカムカや吐き気を解消する方法


太郎(右)

最近、食後に胃がムカムカしたり、吐き気に襲われることが多いんです



一男(先生)

それを解消するには、まず食生活を見直すことが必要ですよ



太郎(右)

食生活ですか?



一男(先生)

そうなんです。なぜ食生活の見直しが必要なのかを理解するために、まずは食後のムカムカや吐き気が起こる仕組みを見ていきましょう



食後にムカムカして吐き気もする!そんなときの解消法は?

なぜ食後のムカムカや吐き気が起きるのか?


多少の例外はあるのかもしれませんが、ほとんどの場合、食後のムカムカや吐き気が起きる原因は『胃酸の逆流』だと言われています。

食事をすると、食べ物を消化するために胃酸が分泌されるわけですが、何らかの理由のためにそれが逆流すると、食道を荒らしてしまうんですね。

健康な胃は、胃粘膜によって保護されていますから、胃酸が分泌されても溶けるようなことはありません。

でも、食道には胃粘膜のようなものがありませんので、胃酸が逆流すると、途端にダメージを受けてしまうんですね。

しかし、本来であれば、胃酸が食道に逆流することはないはずなんです。

少なくとも機能的には、胃酸の逆流を防ぐような構造になっているんですね。

では、なぜ逆流してしまうのか?

その大きな理由とされているのが、『暴飲暴食』なんです。



暴飲暴食が食後のムカムカや吐き気を起こす理由


私も以前は、とにかく食べるのが好きで、ついでにお酒も好きですから、毎日のように暴飲暴食を繰り返していました。

その結果、毎日のように食後のムカムカと吐き気に襲われていたんですね。

暴飲暴食をすると、胃は入ってきた食べ物を消化するためにフル活動を始めます。

当然、胃酸も大量に分泌するんですね。

そもそも、暴飲暴食をしている時点で胃は満杯になっていますから、消化が追いつかず、ちょっと胃に圧力がかかるだけで逆流してしまいます。

これが、暴飲暴食が食後のムカムカや吐き気を起こす理由となるわけです。

今考えてみると、胃には相当な無理をさせていたんですね。

ホント、反省しますよ。

で、もっと悪いことに、暴飲暴食を繰り返していると、必然的に太りやすくなります。

お腹に脂肪がつくと、それによって胃が圧迫されるので、ますます逆流しやすくなるんですね。

さらに、食べ疲れて、食後すぐに横になったりすると、これもまた胃酸や食べ物が逆流しやすくなります。

つまり、暴飲暴食を繰り返していると、食後のムカムカや吐き気を起こす理由がどんどん積み重なっていくんですね。

暴飲暴食を続けていると、こんな病気になるかも


10~20代のうちは、まだ若さで乗り切れますが、30代を過ぎてくると、少しずつ胃の働きも弱まってきます。

なのに、いつまでも若いころと同じような感覚で暴飲暴食を続けていると、それが病気につながることもあります。

一番よくあるのは『逆流性食道炎』ですね。

さっきからお話しているとおり、胃酸が食道に逆流することで炎症を起こしてしまうわけです。

他に『胃炎』を起こすこともあります。

本来は、胃は胃粘膜で保護されていますから、胃酸の影響は受けないようになっています。

でも、暴飲暴食を続けて胃酸が出過ぎるのが当たり前になってくると、胃粘膜の分泌が少なくなってしまい、胃に炎症をおこすこともあるんです。

実は私も、この症状で悩まされたんですね。

しかも、すぐに対処しなかったので『慢性胃炎』になってしまい、最終的には食後以外の空腹時などにもムカムカや吐き気を感じるようになりました。

その後、食生活を改善したので症状も治まってきたんですが、あれを放置していたら『胃潰瘍(いかいよう)』『十二指腸潰瘍』など、もっと重い病気になっていたかもしれません。

今考えてみると、本当に怖い話です。

たかが食後のムカムカや吐き気なんて、決してバカにできませんよね。

解消するにはどうしたら良い?


太郎(右)

暴飲暴食と食後のムカムカや吐き気との関係はわかりました。じゃあ具体的にどんなことに気をつければ解消できますか?



一男(先生)

はい、次はそれを詳しく説明していきましょう




主な原因が暴飲暴食にあるのですから、基本的には食事の量を少なくすることが必要です。

昔から『腹八分目に医者いらず』という言葉もあるくらいですので、「後もうちょっと欲しいな・・・」と思うくらいでやめておくのが理想と言えます。

でも、それが難しいんですよね。

特に、仕事が忙しかったりすると食事の時間も不規則になりやすく、ストレス発散のつもりで食べられるときにドカッと食べてしまいやすいですから、腹八分目で止めようと思ったら相当な意志力が必要です。

とはいえ、それまでどおりの勢いで食べていたらムカムカも吐き気も治まりませんから、まずはメニューを工夫するところから初めてみると良いでしょう。

要は、揚げ物などの脂っこいものを控えるようにして、消化しやすいアッサリしたものを選ぶようにするんです。

実際、私はその方法から初めてみました。

アッサリしたものって、最初は物足りないんですが、慣れてくるとそれなりの満腹感も味わえるようになります。

そこから徐々に自分の身体を慣らしていって、量も少しずつ減らすようにしていきました。

急に改善しようと思っても、かえってストレスになることもありますから、『徐々に変化させる』ということを意識しておいてください。

それから、食後すぐに横になるのはやめておきましょうね。

さっきもお話したとおり、横になってしまうと胃酸の逆流も起こしやすくなります。

横になるのは、食後2~3時間経ってからにしましょう。

たったこれだけのことでも、続けていると食後のムカムカや吐き気が治まっていきます。

ぜひ実践してくださいね。

スポンサーリンク


どうしても我慢できないときは・・・


「食事を少なめにしたり、食後すぐに横にならないのがいいことはわかるけど、できたら今すぐに症状を抑える方法が知りたい!」という場合は、胃腸の薬に頼りましょう。

ただし、胃腸薬にも消化を助けるために『胃酸の分泌を促すタイプ』のものと、『胃酸の分泌を抑えるタイプ』のものとがあります。

もちろん、食後のムカムカや吐き気を解消するには、後者の『胃酸の分泌を抑えるタイプ』が効果的ですね。

間違えて飲むと、「全然効かないな~」ってことになってしまいますから、くれぐれも注意しておいてください。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スタンダード胃内視鏡検査 [ 細井董三 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2016/9/3時点)



終わりに


食後のムカムカと吐き気を解消するために、基本的な仕組みと、私が症状を解消した方法をお話してきました。

主な原因は『暴飲暴食』です。

ですから、解消するには、

  • 腹八分目で抑えるようにする
  • すぐに食事を減らすのが難しい場合はアッサリしたものを中心に食べることから始める
  • 今すぐに解消したいときには『胃酸の分泌を抑えるタイプ』の胃薬を飲む

ということになりますね。

暴飲暴食を避けるようにすれば、胃の負担も減りますし、結果的にダイエットにもつながって、生活習慣病の予防にもなります。

ちょっと期間をかけても構いませんから、少しずつ腹八分目に近づけるようにして、健康的な食生活を心がけていきましょう。









スポンサーリンク