「最近、胃がムカムカするのはストレスのせいかな?」と気になっているあなた。

その気持ち、とてもよくわかります。

実は、私も以前にストレスで胃を悪くしたことがあるんですよ。

幸い、そこまで重い症状ではなかったんですが、ずっと胃がムカムカしていて不快だったのをよく覚えています。

ちょうど仕事が忙しい時期で、ストレスが溜まっていないほうがおかしいような状況だったので、そのしわ寄せが胃に来ていたんでしょうね。

現代人の場合、仕事のストレスや人間関係のストレスなどを避けることは、ほぼ不可能といえるほどです。

たとえ自覚がなかったとしても、誰もが何らかのストレスを抱えているといえるでしょう。

そして、ストレスの影響を受けやすいのは、胃なんですね。

放置しておくと、そこから何かの病気に発展する可能性もありますから、なるべく早く対処することが大切です。

そこで今回は、ムカムカするのがストレスのせいではないかと感じている人のために、ぜひ知っておいてほしい対処法をご紹介していきましょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


ストレスで胃がムカムカするときの対処法


さっきもお話したとおり、この現代でストレスを完全に避けることは不可能と言っていいでしょう。

必ず何らかのストレスにはさらされることになるでしょうから、それを避けようなんて思っても上手くいかず、かえってストレスが溜まることにもなりかねません。

ですから、ムダな抵抗はせずに、上手に付き合う方法を考えたほうが現実的だと思うんですね。

そこで、まずは私が大切だと思っているストレスとの付き合い方を順にお話していきますね。

胃がムカムカするのはストレスのせい?知っておきたい対処法

まずはしっかり休む


ストレスって、一種の“負荷”ですから、それを受ければ心身ともに疲れます。

疲れたら、休むことが大切ですよね。

特に胃は、身体の疲れと心の疲れ、どちらの影響も受けやすい場所ですので、なおさら休ませることが必要です。

注意しておいてほしいのは、ただ休むのではなく、“しっかり休む”ということ。

心身ともにリフレッシュできるような休み方を心がけるようにしてください。

具体的に、どんなことに気をつければいいのか、詳しく見ていきましょう。



ぐっすり眠る


しっかり休むために何よりも大切なのは、ぐっすり眠ることですね。

仕事が忙しいときなどは、つい寝不足になりがちだと思いますが、それでは疲れが取れませんから、なるべく眠る時間はしっかりと確保してください。

人間の身体には自然な修復機能があり、それがもっとも活かされるのが睡眠中です。

もちろん、胃も寝ている間に修復されていきます。

つまり、毎日ぐっすり眠ることができれば、それだけでも胃はある程度まで整えられていくんですね。

そのために、できるだけ質の良い眠りを確保するようにしましょう。

可能であれば、早寝早起きを徹底したいところですが、それぞれ生活のリズムがあるでしょうから無理はしなくても構いません。

ただ、なるべく寝る時間が不規則にならないようにしておきましょう。

毎日、決まった時間に眠る習慣をつけるだけでも、体内のリズムが整い、胃もスッキリとしてきますよ。

暴飲暴食を避ける


ストレスが溜まると、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまいがちです。

いわゆる、やけ食い・やけ酒ですね。

その気持ちは、私にもとてもよくわかります(笑)

実際、そのときはストレスが発散できるような気がしますものね。

でも、それは気がするだけなんですね。

その場限りの憂さ晴らしにはなるでしょうが、暴飲暴食をすれば胃に負担がかかることは言うまでもありません。

もちろん、胃は休むことができませんから、ムカムカの原因にもなりやすいんですね。

それに、暴飲暴食をすると、消化するのに相当なエネルギーを使いますので、睡眠の質も下がってしまいやすいんです。

というのも、眠ることで身体は休もうしていても、胃は働き続けないといけませんからね。

もちろん、寝る直前にどか食いするなんて最悪ですからやめておきましょうね。

できれば、眠る2~3時間前までには食事を済ませ、完全に消化が終わっている状態で眠るのが理想です。

ちょっと意識して、習慣にしてみてください。

スポンサーリンク


ストレスを楽しむ工夫もしてみる


ストレスというと、“とにかく嫌なもの”というイメージが強いかもしれませんが、ちょっと見方を変えてみると意外と楽しめる場合もあるんですよ。

さっきもお話したとおり、ストレスって一種の負荷ですから、上手に使えば自分を成長させるためのキッカケにもなってくれます。

筋トレする人がダンベルやバーベルを持ち上げますよね。

いってみれば、あれがストレスなんです。

「もっと筋肉を発達させたい」と思っている人は、より大きなストレスをかけたくなります。

もちろん、仕事や人間関係の悩みを筋トレと同一線上で考えることはできませんが、見方を変えるための参考にしてみるのは面白いと思うんですね。

仕事が辛いときには「これをクリアしたら、今よりもスキルが上がる」とか、嫌な人と接するときには「この人と仲良くなれれば、今よりも人間的に成長できる」と思ってみるだけでも、ちょっと気が楽になるかもしれませんよ。

どっちみちやらなきゃいけない仕事なら、嫌々やるより楽しんでやるほうがいいでしょう。

どっちみち接しなきゃいけない人なら、嫌々会うより楽しんで付き合うほうがいいでしょう。

もちろん、そんなに単純に切り替えられないことが多いのはわかっていますが、嫌がっていたって胃がムカムカする原因になるだけです。

だったら、ちょっと見方を変えて楽しむ工夫もしてみるのもいいと思いますよ。

実は、私の胃も、それでずいぶん楽になりました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

胃と腸 2016年 08月号 [雑誌]
価格:3456円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)



終わりに


胃がムカムカするのがストレスのせいではないかと感じている人のために、ぜひ知っておいてほしい対処法をご紹介してきました。

特に大事なのは、しっかり休むこと。

そのためには、

  • ぐっすり眠る
  • 暴飲暴食を避ける

という2点がポイントでしたね。

また、ストレスを楽しむ工夫もしてみることも大切です。

ぜひ意識してみてください。

今回は取り上げませんでしたが、スポーツや趣味などでストレスを発散させることも効果的です。

ただ、一歩間違えると、より身体が疲れてしまったり、ストレスから逃げたいという気持ちが強くなったりすることもあるので注意しておいてください。

基本は、しっかり休むことです。

それで心身ともにリフレッシュして、胃の状態も整えましょう。





スポンサーリンク