ムカムカするのって不快ですよね。

食べ過ぎや飲み過ぎなど、原因がハッキリしていればいいのですが、そうでもないのにムカムカが続くと、「これって、何かの病気?」と心配になることもあると思います。

実は私も以前に、胃がムカムカする状態が続いて、気にしていた時期があるんです。

結果的には大した病気ではなかったので良かったのですが、そのときに「胃の状態を良くしておくことは大切だな」と、つくづく思いました。

胃がムカムカしていると食欲も落ちますし、するとどうしても元気が出ません。

仕事の意欲も落ちてきたり、人付き合いも億劫になったりと、ろくなことがなかったんですね。

ですから、もしあなたが今、胃がムカムカする状態が続いているのなら、早く治してほしいと思います。

そこで今回は、どんな原因で胃がムカムカしてしまうのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク


胃のムカムカが続くときに考えられる原因は


胃というのは、内臓の中でも精神状態の影響を受けやすい部位であることは広く知られていますよね。

緊張すると胃が痛くなるという経験をしている人も多いと思います。

実は、私の場合もストレスが原因でした。

ですが、ときには病気が隠れている場合もあります。

何でもかんでも「きっと、ストレスのせいだろう」なんて考えていると、病気が進行する可能性もあるので、注意は必要ですね。

では、胃のムカムカが続く原因として考えられる代表的なものを順に紹介していきましょう。

胃のムカムカが続くのって何かの病気?考えられる原因はコレ

機能性ディスペプシア


あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、意外に多くの人がかかっているのが、この『機能性ディスペプシア』という病気です。

日本人の4人に1人は、この機能性ディスペプシアだとも言われていますので、注意しておく必要があります。

具体的には、

  • 胃が十分に膨らまなくなる
  • 胃から食べ物が排出されにくくなる

という2つが主な病態とされています。

言ってみれば、胃の運動が低下して、うまく働かなくなるという病気なんですね。

そのため、自覚症状としては次のようなものがあらわれます。

  • あまり食べていないのにすぐ満腹になる
  • 胃がムカムカしてもたれる
  • 胸焼けがする
  • みぞおちの辺りが痛い

食べ過ぎや飲み過ぎなどで一時的に胃がムカムカするのであれば機能性ディスペプシアではありませんが、特にハッキリした原因もないのに慢性的な症状が見られるのなら、この病気の可能性があります。

心あたりがある場合は、一度、内科で診察を受けてみたほうが良いでしょう。

状況に応じて、薬を出してもらえるようです。

そこまで重篤な病気ではないので、早めに診てもらって、早目に解決してしまうほうが良いですね。

ちなみに、この機能性ディスペプシアは、以前『神経性胃炎』と呼ばれていたものだそうです。

“神経性”ですから、これにもストレスは関係してくるんですね。

やはり、ストレスの溜めすぎには注意が必要なようです。



胃酸過多


文字通り、胃酸が出すぎるという状態ですね。

症状としては、

  • 胃がムカムカする
  • 胃がもたれる
  • 胸焼け
  • げっぷ
  • 酸っぱい液が口にあがってくる

などが代表的なものです。

やはり、これにもストレスが関係していることが多いと言われていますが、まだ解明されていない部分も多いようです。

胃酸過多というと、軽い病気のように思えますが、

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃がん
  • 食道がん

などの病気につながることもあるので注意が必要です。

やはり、内科で診察を受けておくほうが良いですね。

慢性胃炎


慢性的に胃の粘膜が炎症を起こしている状態ですね。

  • 胃がムカムカする
  • 胃がもたれる
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 食欲不振

など、症状は前述の2つと似ています。

主な原因とされているのは、

  • 過度の喫煙
  • 過度の飲酒
  • 加齢
  • ピロリ菌の感染

などですね。

加齢やピロリ菌などは、やむを得ない側面もありますが、過度の喫煙や飲酒に関してはストレスが関係することも少なくないでしょう。

やはりここでもストレスには要注意です。

スポンサーリンク


自立神経失調症


これは、胃がムカムカするだけではなく、

  • 慢性的な疲労感
  • めまい
  • 偏頭痛
  • 不眠
  • 便秘または下痢
  • 微熱

など様々な症状があらわれる病気ですね。

また、

  • イライラ
  • 不安
  • 疎外感
  • すぐに落ち込む
  • 何事にもやる気が起きない

などの精神的な症状が出ることもあります。

やはりストレスが関係することも多いのですが、生活習慣の乱れや環境の変化などが影響することもあるので、生活全般の総合的な注意が必要といえるでしょう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

胃と腸 2016年 08月号 [雑誌]
価格:3456円(税込、送料無料) (2016/8/25時点)



終わりに


胃のムカムカが続く原因として考えられる代表的なものを順に紹介してきました。

それらを、もう一度まとめておきましょう。

  • 機能性ディスペプシア
  • 胃酸過多
  • 慢性胃炎
  • 自立神経失調

私の場合は、ストレスが原因だったのですが、これらの病気になる手前で改善できたという感じです。

なぜ改善できたのかというと、早目に病院で診てもらったからなんですね。

そんなに病院が好きというわけではないのですが、やはり健康は大切ですので、「おかしいな」と思ったら、マメに行くように心がけています。

結果として、そのおかげで大事に至る前に改善できましたから、あなたにもそれをオススメしたいんですね。

診察を受けて、特別な異常がなければそれで安心できますし、もし何かが見つかったら、早目に対処することが大切です。

一番良くないのは、調子が悪いのに放置することだと思います。

「胃のムカムカが続くくらい大丈夫だろう」と、つい軽く見てしまうこともあると思いますが、大切なあなた自身の身体です。

早目に診てもらって、しっかりとケアしていってください。

スポンサーリンク