社長は、言うまでもなく会社のトップですから、社内では絶対の権限を持っています。

大企業になると別の条件も加わってきますが、小さな会社ほど社長の力は絶大ですから、その分ワンマンな場合も多いでしょう。

実際、小さな会社を発展させるためには、ワンマン社長であることが必要な場面も少なくないので、ある程度はやむを得ないことだともいえます。

しかし、社長のワンマンぶりが行き過ぎてしまうと、どうしても社員はやりにくくなってしまいますよね。

正直なところ、ワンマン社長のことを怖いと感じている人も多いのではないでしょうか?

なんとか上手に社長と接しながら、仕事を続けようとは思うものの、あまりの怖さに、つい気持ちが怯んでしまうという人もいることでしょう。

そこで今回は、怖いワンマン社長がいる会社で上手に働くために知っておきたいことをお話していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


ワンマン社長が怖い理由


基本的に社長というのは権力者ですから、多かれ少なかれワンマンになりやすいものです。

これが大企業であれば、役員がいたり株主の顔色も伺わなければいけなかったりと、社長が暴走できない要素も少なくありませんが、小さな会社は違います。

言ってみれば、“社長の天下”なんですね。

そもそも、どこかに勤めるのではなく、自分で会社を作って社長になっているわけですから、野心もありますし決断力や行動力も持っています。

極端な言い方をすると、ワンマンになる素質を持っていない人が社長になろうとは思わないわけです。

それに、小さな会社であればあるほど、重要な決定は社長自身でくださなければいけないことも多々あります。

そんなときには、ワンマンでなければ切り抜けられない面もあるでしょう。

ということは、社長にはある程度、ワンマンであることが必要だとも言えるんですね。

ワンマン社長が怖い!小さな会社で上手に働くには?

ワンマン社長の頭の中は・・・


中には例外もあるのでしょうが、ほとんどの場合、ワンマン社長の頭の中は仕事のことでいっぱいなはずです。

会社が進む方向や仕事の内容など、社長として判断しないといけないことがたくさんあるわけですから、当然といえば当然ですね。

ちょっとオーバーな言い方ですが、「仕事のために人生がある」と思っているのがワンマン社長だと考えても間違いではないでしょう。

とにかく、“仕事がすべて”ですので、社員にもそれを要求してきます。

ワンマン社長にはデキる人も多い


自分で会社を作り、世の中を渡ってきているわけですから、基本的にワンマン社長には、仕事がデキる人が多いものです。

また、ある程度の実績も出している人であれば、少なからず自分のやり方に自信も持っているでしょう。

言ってみれば、ワンマン社長は「自分こそが正しい」という信念で生きているわけです。

だから、それに従わない社員がいれば、間違いなく攻撃対象となってしまうんですね。

もちろん、社員がサボっていたり、反発しているのであれば注意することも必要でしょう。

しかし、社員が一生懸命やっていても、自分の眼鏡に適わないときには容赦なく攻撃するというのが、ワンマン社長の特徴でもあります。

というのも、そもそもワンマン社長は仕事がデキるので、社員にも同じくらいの能力を要求する傾向が強いんですね。

「自分ができることは、人もできて当たり前」と思っているのかもしれません。

少しでも社長の要求するレベルに満たない場合にはキツイ説教が始まりますから、社員が怖いと感じてでも仕方ないでしょう。



ワンマン社長のもとで上手に働くには?


これまで、ワンマン社長の傾向を分析してきましたが、要は頭の中が仕事のことでいっぱいの“仕事人間”が多いということになります。

そして、会社自体も社長の意向で動くことがほとんどでしょうから、そこで上手に働くためには、社長の価値観に合わせることが必要となってきます。

つまり、プライベートや家庭のことなどは二の次三の次で、とにかく仕事を再優先にするということですね。

これを、「やり甲斐がある」ととらえるのか、「そんなの耐えられない」ととらえるのかで、あなたの進む道が変わってくるでしょう。

やり甲斐があると思えるのなら


比較的若い年代で、とにかく仕事で成功を収めたいということであれば、怖いくらいのワンマン社長の元で働くことは、とても良い経験になると思います。

もちろん厳しいことや辛いこともたくさんあるとは思いますが、だからこそ磨かれていくものもありますから、あなた自身のスキルを伸ばしたいなら願ってもない環境と言えるでしょう。

ワンマン社長は、野心のある人を好む傾向もあります。

敵に回すと厄介ですが、気に入れられてしまえば何かと優遇してくれる面もありますので、“仕事優先”という価値観に共感できるのであれば、がんばる甲斐があると思いますよ。

スポンサーリンク


耐えられないと思うのなら


仕事は重要だけど、プライベートや家族のことも大切にしたいという場合は、早目に辞めることを検討したほうがいいかもしれません。

というのも、ワンマン社長ほど自分の家族のことはないがしろにしてることが多いですし、家族を大切にする人を見下げている傾向もあります。

ですから、ここで価値観が合わないのであれば、働き続けることは難しいでしょう。

先ほど、ワンマン社長は、野心のある人を好む傾向があるといいましたが、逆に言えば、それだけ人を好き嫌いで判断するということでもあります。

好かれればいいのですが、嫌われてしまうと何かと辛い思いをすることになりますから、早目に見切りをつけることは大切かもしれませんよ。

決して、安直に辞めることを勧めるわけではないのですが、そもそも仕事というのは自分が生きるためのものです。

大袈裟に言うと、自分が幸せになるために仕事をするわけですから、怖いワンマン社長の元で辛い思いをするだけなら、無理に続ける意味はないでしょう。

どうしてもダメな場合は、辞めるという決断をすることも必要かもしれませんよ。



終わりに


ワンマン社長が怖いという人のために、小さな会社で上手に働くうえで知っておきたいことをお話してきましたが、いかがでしたか?

そもそも社長というものが、多かれ少なかれワンマンなものですし、そうでないと務まらないという側面も持っています。

ですから、ある程度は「そういうものなんだ」という割り切りも必要でしょう。

そして、ワンマン社長の頭の中は、仕事のことでいっぱいだということも理解しておく必要があります。

その上で大切なのが、次の2つ。

  • やり甲斐があると思うのか
  • そんなの耐えられないと思うのか

これによって、進む方向を決めてみてください。

やり甲斐があると思えるのなら、価値観がワンマン社長と近いでしょうから、そこでがんばれば何らかの成功が得られるはずです。

でも、耐えられないと思うのであれば、無理はしないほうがいいですね。

最終的には、どうすることが自分の幸せにつながるのかということが大切です。

そこを見据えて、本当に納得できる道を選んでくださいね。





スポンサーリンク