職場で、「ちょっといいな」と思っている年下の男子がいると、女性としては気になりますよね。

その彼に恋人がいるのかどうか、好みの女性のタイプはどんな感じなのか、色々と考えてしまうものだと思います。

そんな年下の男子が、あなたに対して急にタメ口で話しかけるようになったとしたら、もしかすると彼もあなたに恋愛感情を抱いているのかもしれませんよ。

私自身は残念ながら、そういう経験をしていないんですが、同僚が先輩の女性のことを好きになり、そこから急にタメ口で話しかけるようになったというケースを目撃したことがあります。

最終的に、その二人は付き合うことになったんですけど、「そんなこともあるんだんなぁ」と思ったことはよく覚えています。

そこで今回は、そのときの様子なども思い出しながら、年下の男子がタメ口で話すときの心理や、それに対して年上の女性がどう接したら良いのかなどをお話していきましょう。

気になる年下の男の子がいるという女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


年下の男がタメ口で話したがる心理は・・・


男というのは、ある程度の年齢になっても、どこか子供っぽいところがあって、精神的にはなかなか成長しないものです。

まぁ、それは女性が見るとよく分かることかもしれませんが(笑)

小学生くらいの男の子が、好きな女の子のことをいじめるというのは、よくあることですが、年下の男が年上の女性に急にタメ口で話しかけるようになるというのも、それと似ていると言えるでしょう。

年下男子のタメ口って恋愛感情なの?年上女性の接し方は?

「オレのことを認めて」というサイン


小学生の男の子が好きな女の子をいじめるのは、いわば自分の存在をアピールするための手段みたいなものです。

決して上手な方法ではありませんが、その年齢だと他にいい手を思いつかないんですね。

年下の男が年上の女性にタメ口で話しかけるというのも、一種のアピールです。

「オレのことを一人前の男として認めてよ」と言っているわけです。

まぁ、ハッキリ言ってガキっぽいんですが、男の考え方というのはそういうものです(笑)

敬語で話していると、自分が弱々しく見えるんじゃないかと思って、一生懸命背伸びをしているような感じですね。

そんな彼のことが、どう見えますか?


年下の男が自分を大きく見せるためにタメ口で話している姿は、あなたの目にどう映っているのでしょうか?

「何をバカなことやってるの?そんなことしているヒマがあったら、もっと仕事をがんばりなさい」と、一刀両断にしたくなるようなら、あなたにとって彼はただの後輩ですね。

でも、少しでも「なんか、がんばってて可愛いな」と思うようであれば、あなたも彼に好意があるということだと思います。

それが恋愛感情といえるほどかどうかは別として、もし彼があなたにアプローチしてきたら、応じてもいいかなというくらいの気持ちはあるんじゃないですか?

年下男子のタメ口が恋愛感情かどうかを見分けるには


「でも、タメ口で話しかけてきたからといって、絶対にその彼が私に恋愛感情を持っているとは限らないでしょ?」と、心配になる部分もあると思います。

実際、ただ単に生意気なだけの男もいますからね。

けど、その見分け方って、意外と単純なんですよ。

それは、誰に対してタメ口で話しているかを見ればいいんです。

もし、相手構わず誰にでもタメ口で話しているんだとしたら、それはただの礼儀知らずなので、コテンパンに注意してあげましょう(笑)

でも、他の先輩には敬語で話しているのに、あなたにだけタメ口で話そうとしているのなら、恋愛感情を持っている可能性は高いですよ。

中には、先輩への敬意が足りずにタメ口で話しているケースもあるかもしれませんが、それは見ればわかるはずです。

ちゃんとあなたのことを先輩として認めながらも、背伸びしてタメ口を使おうとしているようなら、その彼はきっとあなたに好意を持っていると思いますよ。



年上の女性として、どう接したらいい?


一生懸命背伸びしている年下男子のことを可愛いなと思っていても、年上の女性としては、どう接したらいいのか迷うところもあるでしょう。

でも、あなたも彼に好意を持っているのであれば、あんまり難しく考えないほうが良いと思いますよ。

まずは彼のタメ口を認めてあげる


さっきもお話したとおり、年下男子のタメ口というのは、精一杯の背伸びなんですね。

それを頭ごなしに注意されたら、しょぼくれてしまう可能性が高いでしょう。

まずは、「君のタメ口を認めてあげるわよ」という態度を示してあげてください。

タメ口で話しかけられたときに嫌な顔をしたりせず、「年下のくせにタメ口で話したりして、生意気なんだから」と笑顔で返してあげると、その彼は喜ぶはずですよ。

具体的にどんな言葉を返すかは、その時点での二人の関係性によっても変わってきますが、“悪い感情は持っていないよ”ということは示してあげてください。

それで彼も、次のアプローチに進みやすいはずです。

彼のアプローチを受けてみる


次のアプローチとして、彼がどんな行動に出るかは性格によっても違うでしょうが、とにかくあなたに近づこうとすることは確かです。

食事に誘うかもしれませんし、ちょっとした休憩のときにしょっちゅうお菓子やコーヒーを差し入れするかもしれません。

そんなことを通じて、あなたとの距離を縮めようとしてくるはずですから、自然にそれに乗っかってあげてください。

ただし、あんまりあなたの方からリードしないように気をつけておいてくださいね。

というのも、彼は年下なりに精一杯背伸びして、男としてのプライドを通そうとしているんです。

なのに、あなたからリードされてしまうと、情けない気持ちになる可能性もありますので、そこはちょっと気を使ってあげてください。

スポンサーリンク


もし、あなたにその気がなかったら・・・


ここまで、あなたにも彼に好意があるのなら、という前提でお話してきましたが、もしその気がないのであれば、なるべく早いうちに“先輩として”タメ口を注意してあげてください。

変に期待させてしまうと、かえって可哀想ですから、「私には恋愛感情はないよ」ということを態度で示すことが優しさになりますよ。

終わりに


年下の男子がタメ口で話すときの心理や、それに対して年上の女性がどう接したら良いのかなどをお話してきましたが、いかがでしたか?

女性から見ると不思議かもしれませんが、年下の男子がタメ口で話そうとするのは、『自分のことを認めてもらいたい』という意思表示なんですね。

ですから、もしあなたも彼に好意があるのなら、

  • 彼のタメ口を認めてあげる
  • 彼のアプローチを受けてみる

ようにしてみてください。

恋愛の進み方はケース・バイ・ケースなので、単純にパターン化はできませんが、とりあえず、この2つのポイントを意識しておけば、後は流れに乗って行けるはずですよ。








スポンサーリンク