仕事中、イライラすることってありませんか?

仕事そのものが上手くいかないときはもちろん、プライベートで悩みがあるときでも、ついそのイライラが表情などに出てしまうことは誰にもあることだと思います。

私も、根が正直(?)なものですから、機嫌が悪いときなどはすぐわかるみたいで、周囲から避けられることもしばしば。

その相手が同僚や部下だったらまだいいのですが、上司だと、何かとマズイですよね。

「アイツはいつでもイライラしているな」なんて思われたら仕事も任されにくくなりますし、査定などに影響することもあり得ますから。

そこで私も感情をコントロールするために、いくつかの方法を試してきました。

その中でも、特に効果の高かったものをご紹介していきます。

仕事中にイライラしやすく、上司の目が気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは私の体験談からお話していきますね。

スポンサーリンク


イライラしていると、こんなに損しますよ


私も一時期、とにかくイライラしていたことがあったんですよ。

仕事での失敗が続き、そこからしばらく運に見放されたんじゃないかと思うほど、やることがすべて裏目に出るようになったんですね。

一つ一つの失敗はそんなに大きなものではなかったんですが、それが続くと大変です。

失敗を取り返そうとして焦ると、それがまた次の失敗につながってしまったりして、私のイライラもどんどん積重なっていきました。

すると、周囲の目も変わってくるんですよね。

同僚や部下は腫れ物にさわるような接し方をしてきますし、なんとなく孤立しているような気分になってきます。

そして、ついに・・・

仕事で上司にイライラした姿を見せたくないときの対処法

上司から呼び出されました


上司も、イライラしている私のことを見かねたのでしょう。

呼び出されて、ちょっとお説教されました。

と言っても、そんなに厳しいものではなく、軽い注意程度のものだったのですが、その頃の私は失敗続きだったので、結構テンパってしまったんですよね。

なんとか取り繕おうとすればするほど焦ってしまい、きっと上司には挙動不審に見えていたと思います(笑)

「最近はちょっと調子が悪いようだけど、また前のようにがんばってくれよ」と、最終的には穏やかに励ましてくれましたが、結構心配させていたのかもしれませんね。

しかし、それをキッカケに「なんとかしなくちゃ」と、打開策を探すようになりました。

どちらかと言えば、私も仕事にプライドを持っていたほうなので、問題児扱いされるのが我慢できなかったんです。

そこで試してみたのが、次の方法です。

私が実践したイライラ解消法


すぐにできる手軽なものから、ちょっと手間はかかりますが効果の高いものまで、順にご紹介していきますね。

深呼吸する


これは、超カンタンな方法ですね。

でも、意外と効果的ですから侮れませんよ。

イライラし始めたら、鼻から深く息を吸い、鼻から長く息を吐いていきます。

口から吐いてもいいのですが、鼻からのほうが呼吸の音が小さいので、周囲の目を気にしなくて済みます。

私がやってみたのは、4つ数えながら息を吸い、しばらく息を止めた後に8つ数えて吐くという呼吸法です。

たったこれだけのことですが、やってみると本当に落ち着きますよ。



記録をつける


イライラしたときや失敗したときなど、感情が動いたときには記録をつけることが効果的です。

私の場合は専用の手帳を作りましたが、手書きで状況を記入するだけでも気持ちが落ち着きますよ。

それに、書いたものを後から読み返すと、自分のことを客観的に見つめることができます。

これが役立つんですよね。

意外と、自分の書いた記録から、問題の打開策を見つけたことも多いんですよ。

ぜひ、試してみてください。

人を頼る


それまでの私は、どちらかと言うとスタンドプレーが好きなタイプでした。

仕事の成果も独り占めしたかったですし、何より自分の力だけでがんばるという達成感が好きだったんですね。

でも、失敗し始めると孤独なものです。

そこで、少しずつ人を頼ることを覚えていきました。

最初は、自分のプライドが邪魔していましたが、頼んでみると、意外に周囲の人たちも快く協力してくれるんですよね。

そして、だんだんチームプレーの楽しさにも目覚めていきました。

私が失敗したときには誰かがフォローしてくれ、私もまた誰かの失敗をフォローする。

そんな関係を築いていくうちに、いつの間にか私のイライラも自然に消えていきました。

それに、チームで力を合わせて成果を出す楽しさがわかってくると、仕事もそれまで以上に面白くなり、失敗すること自体が少なくなっていきました。

やっぱりチームワークって、大切なものなんですね。

スポンサーリンク


瞑想する


瞑想と言っても、そんなに大げさなものではなく、夜寝る前に5~10分くらい目を閉じて気持ちを落ち着ける時間を持つようにしたんです。

その前に、記録として書いている手帳を眺めておくと効果は倍増します。

手帳の内容を瞑想中に整理できますから、この時間が問題の打開策を見つけるためにも役立っていました。

日常の中で、気持ちを落ち着けて静かに過ごす時間ってなかなかありませんから、何か問題があるときにはどうしても振り回されてしまいがちです。

でも、瞑想すると頭もリフレッシュできて新しいアイデアなども浮かびやすいですから、ぜひ試してみてください。

終わりに


仕事中にイライラしやすく、上司の目が気になる人のために、私の体験談と、実際にやってみた対処法をいくつかご紹介してきました。

もう一度まとめておくと、次のようになります。

  • 深呼吸する
  • 記録をつける
  • 人を頼る
  • 瞑想する

どれか一つだけでも効果があると思いますが、すべて行うと倍増しますので、ぜひ試してみてください。

イライラしていても良いことは一つもありませんから、できるだけ早く打開してしまいましょう。

そのために、私の体験がお役に立てば、嬉しい限りです。

スポンサーリンク