誰にでも一人や二人、嫌いな先輩はいるものですが、それが行き過ぎて仕事が辛くなってくると問題です。

先輩ですから、会社に行けば顔を合わさないわけにもいきませんし、変に避けたりすると、ちょっとした嫌がらせみたいなことをしてくる人もいるでしょう。

何かと人間関係というのは難しいものです。

とはいえ、先輩が嫌いだからといって簡単に仕事をやめるわけにも生きませんから、なんとか対処していく必要があります。

そこで今回は、嫌いな先輩とどう接していけば良いのかということをお話していきましょう。

参考になりそうなところから、ぜひ実践していってみてください。

スポンサーリンク


傾向と対策を考える


一口に先輩が嫌いと言っても、どんなところが嫌いなのかは人それぞれ違うはずです。

まず、あなたが嫌っているのは先輩のどんなところなのか、その傾向をハッキリさせましょう。

そうすれば、自然と対策も浮かびやすくなるものです。

例えば、仕事面で厳しい要求をしてくる先輩であれば、何よりもあなたのスキルアップを図ることが最高の対策になるでしょう。

もちろん、すぐに能力が目に見えて上がるというわけにはいかないでしょうが、懸命に取り組んでいることをアピールすれば、多少は風当たりも穏やかになるはずです。

逆に、仕事への意欲がなく、指示が中途半端だったり、何を言っているのわからなかったりするような先輩なら、あなたが積極的に質問することが必要となります。

仕事を進める上で問題があるようなら、別の先輩や上司に相談したほうが良い場合もあるでしょう。

他に、仕事とは関係なく威圧的な態度をとったり、いじめに近いようなことをするような先輩なら、ひとまずは様子を見た方がいいですね。

あまりにもひどければ、上司や人事部に相談するという方法もあります。

これらは一例ですが、いずれにしても先輩の何が嫌いなのかをハッキリさせることが必要ですので、そこから始めていきましょう。

先輩が嫌いで仕事が辛い!どうすれば上手く付き合える?

割り切ることも必要


先輩の態度や性格にもよりますが、ただ嫌いというだけで仕事に支障が出るようでは困ります。

会社というのは給料をもらって仕事をする場所ですから、あなたはプロとして業務につく必要があるわけですね。

ですから、そこはしっかりと割り切って取り組めるだけの強さも持っておきたいところです。

嫌いな先輩がいても、それとは無関係に仕事の集中できるくらいのプロ意識があると素晴らしいですね。

どんな職場に行っても、必ず嫌いな人はあらわれますから、そんな人に影響されず仕事ができる力というのは、大きなスキルとなります。

今の会社に嫌いな先輩がいるのなら、そのスキルを鍛えさせてもらうつもりで接してみるのも良いかもしれませんね。

言葉にする必要はありませんが、心の中では「あなたのことは嫌いですが、仕事はキッチリやりますよ」と思いながら、自分の能力を磨く機会にしてしまいましょう。

スポンサーリンク


弱みを作らないこと


一番大切なのは、『あなたの弱みになるようなことをしない』ということです。

どんなに先輩が嫌いだったとしても、それを態度に表したり、先輩に対して失礼なことをしてしまうと、あなたにとって大きなマイナスとなります。

常に敬意を払って接するようにしてください。

そうすれば、何か問題が起きたときでも、周りが助けてくれるはずです。

ぜひ、覚えておいてくださいね。



終わりに


嫌いな先輩がいると、仕事に行くのが辛いという気持ちはよくわかります。

でも、仕事である以上シビアな面もありますから、割り切って取り組むだけの強さを持つようにしましょう。

そして、どんなに嫌いでも、あなたは先輩に対して礼儀正しく接することが大切です。

仮に先輩がどんなに意地悪をしてきたとしても、あなたはそれに影響されてはいけません。

あなたがどんな態度で先輩に接し、仕事に取り組んでいるかは、他の人も見ていますから注意しておきましょう。






スポンサーリンク