口説かれたときには、「この人、カッコいい!」と思って付き合い始め、同棲までしたものの、一緒に暮らしてみるとだらしなくて、どうしようもなくうざい男だった・・・。

と、そういう状況で悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

実際、どんなにイケメンでも、一緒に住むと最初の印象とは違う面が見えてくることはよくあります。

それが我慢できる範囲ならいいんですが、どうしても耐えられないほどうざいのなら、少しでも早く別れたほうがお互いのためだと思います。

「でも、どうやって別れたらいいのか、それがわからないんです。できれば体裁よく別れたいんですけど・・・」という声も聞こえてきそうですね。

では、いくつかの恋愛を通じて、多少は修羅場も経験したアラフォー男子の私が、男の立場からアドバイスさせていただきましょう。

きっと、参考にしてもらえると思いますよ。

スポンサーリンク


うざい彼氏と上手に別れるには


上手に別れるという言い方が相応しいかどうかはわかりませんが、できるだけあなたも、そして彼氏もなるべく傷つかないように別れたいものですよね。

そのためには、別れ話をなるべく長引かせないことが大切です。

そして、長引かせないためには、下準備も必要となってくるんですね。

まずは、その準備の部分から考えていきましょう。

彼氏がうざいから別れたい!そんなときのためのアドバイス

別れた後のことを考えておく


別々に暮らしているのなら、まだ話は簡単ですが、同棲している場合には『別れた後どうするのか』ということをしっかり考えておく必要があります。

実際、その辺りのことがネックになって別れられないというケースもあるでしょう。

上手に別れるための第一歩は、別れた後の心配をなるべく少なくしておくことと言えますね。

あなたが出て行く場合は


今、同棲しているところからあなたが出て行く場合には、まず当座の落ち着き先を決めておく必要があります。

経済的な問題もなく、すぐに次の引っ越し先を決められるのなら大丈夫ですが、そうも行かない場合は家族や友達に相談しておくようにしましょう。

場合によっては、新しく仕事を探さないといけないケースもあるでしょうが、それらも含めてなるべく早くから準備をしておいてくださいね。

引っ越しの手配なども前以って考えておいてください。



彼氏に出て行って貰う場合は


元々あなたが住んでいたところに彼氏が転がり込んできたのであれば、いつまでに出て行ってもらうかを事前に決めておく必要があります。

そこを曖昧にしていると、うざい男ほどズルズルと先延ばしにしていきますから、あなたの方でハッキリと指定できるようにしておきましょう。

Xデーを決めておく


別れた後のことが決まってきたら、いよいよ別れ話をする日を決めます。

と言っても、別れると決めたらなるべく早い時期に決行するほうがいいですね。

長引くほどに別れにくくなりやすいですから、できれば1週間以内には話すように計画を立てましょう。

雰囲気で匂わせておく


基本的には、妙な小細工をせず「別れたい」という意志をハッキリ伝えたほうがいいのですが、何の気配もなく突然そんなことを言われたら、さすがに彼氏もすぐには納得できないでしょう。

ですから、Xデーを決めたらその数日前から少しずつよそよそしい雰囲気を作っておいてください。

なるべく話さないようにし、できれば彼氏と一緒にいる時間を短くしていきます。

もちろん、笑顔は見せないほうがいいですし、身体の関係も断っておきましょう。

「なんか様子が変だな」と、彼氏に感じさせておくことが大切です。

別れ話はキッパリと


「できれば彼氏を傷つけたくない」と思うかもしれませんが、そうであればなおさら、キッパリと別れ話を切り出してください。

男の立場から言うと、妙に小細工されるより、ハッキリ言われたほうがまだ楽なものです。

ただし、言い方には注意してくださいね。

間違っても「あなたがうざいから別れたいの」なんて言っちゃダメですよ。

さすがにそれでは彼氏も腹を立てるでしょうし、場合によっては泥沼化することもありますからね。

なるべく落ち着いて「これからも一緒にいることはどうしても難しいので別れてほしい」ということを穏やかに切り出しましょう。

これを真剣に受け止めてもらうためにも、それまでによそよそしい雰囲気をしっかりと作っておいてくださいね。

ちなみに、これは・・・


実はここまでのお話、恥ずかしながら私の実体験も踏まえたものなんです。

昔、同棲していた彼女が、こんな感じで準備を進めて、ある日、別れ話を切り出してきたんですよね。

さすがに、あのときはショックでしたよ。

でも、その少し前からよそよそしい雰囲気はありましたし、内心では「なんか変だな・・・」ということは感じていました。

と言っても、そんなにすぐに受け入れられるものではなく「ちょっと待ってよ」と、話し合おうとしたんですが、そのときの彼女が、あまりにもキッパリとした態度だったんですよね。

「これはもう、話し合ってどうにかなるという余地がないんだな」ということを、そこで悟りました。

そこまでわかると、あとはゴネても自分が惨めになるだけのような気がしたので、受け入れざるを得ませんでした。

その彼女は、決してひどい言葉を投げつけたわけでも、事細かに私の欠点をあげつらったわけでもありません。

穏やかな口調で、それでいてキッパリとした態度で「あなたとは、もう無理なの」と言うだけでした。

そして、この態度と言葉には、グウの音も出なくなったものです・・・

復縁を迫られたら


ちょっとお恥ずかしい話をしてしまいましたね。

私の場合は、割とすぐに受け入れましたが、中には「悪いところがあったら直すから」と、しつこく復縁を迫らる彼氏もいると思います。

でも、あなたにその気がないのなら、情に流されずにキッパリと断ってください。

そこで迷ったとしても、ただ先延ばしになるだけでしょうから、それならお互いのためにはなりません。

あなたの意志が変わらないということを伝えてください。

その後はできるだけ速やかに


あなたが出て行くのであれば、別れ話の後できるだけ速やかに引っ越しを済ませてしまいましょう。

彼氏に出て行ってもらう場合には期限を決めて、絶対にそこまでに出ていくことを約束してもらってください。

別れるとなったら他人なのですから、そこは冷たいようでも決然としておくことが大切です。

どうしても彼氏が別れてくれない場合は・・・


中には、正直に気持ちを話しても、彼氏がなかなか聞き入れてくれないという場合もあるでしょう。

そんなときには、第3者に間に入ってもらうようにしましょう。

ただし、それにもちょっとしたコツがあります。

嫉妬を買わない相手に頼む


もしあなたが、彼氏と似た年格好の男性に相談したとしたら、彼氏はどう思うでしょう?

きっと嫉妬してしまいますよね。

これは逆効果です。

ですから、できるなら『気の強い女性の友達』とか、男性でも明らかにあなたの恋愛対象には見えない『年輩の人』に頼むようにしてください。

なかなか別れてくれない彼氏でも、さすがに第3者が入ってきたら真剣に考えざるを得ないはずですよ。

スポンサーリンク


それでも難しいようなら・・・


どうしても彼氏が別れてくれないのなら、最後の手段です。

『あなたの両親』、または『彼氏の両親』、場合によっては『彼氏の上司』など、彼氏が逆らえない人に相談しましょう。

ただし、これは最後の手段ですから、いきなりは使わないようにしてくださいね。

終わりに


彼氏がうざいから別れたいというあなたのために、別れるためのアドバイスをお話しましたが、いかがでしたか?

ポイントをもう一度まとめておきますね。

  • 別れた後のことを考えておく
  • Xデーを決めて、よそよそしい雰囲気を着くつ
  • 別れたいという意志はハッキリと伝える
  • 伝え方は、なるべく穏やかに
  • 彼氏が別れてくれないときには第3者に入ってもらう
  • ただし、嫉妬を買わない相手に頼むこと
  • それでもダメなら彼氏が逆らえない人に頼む

以上です。

別れ話というのは、一筋縄ではいかないことも多いですが、あなたの気持ちが真剣であれば、最終的には彼氏も受け入れざるを得ません。

完全に気持ちが覚めた状態で一緒に暮らしても、それはお互いのためにはなりませんから、キッパリとした態度を示すようにしてください。

スポンサーリンク