嫁と姑というのは、いつの時代でも何かと問題が起きるものです。

中には、嫁の顔を見たら嫌味ばっかり言ってくるお姑さんもいますよね。

嫁の立場としては、どう返せばいいのか困ることも多いと思います。

言われっぱなしじゃ腹が立つし、かといって、言い返すと話がこじれてしまいそうだし。

なんとか上手にあしらいたいものですよね。

そこで今回は、お姑さんに嫌味を言われたときにどうすればいいのか、その対処法をお話していきます。

嫁と姑のいざこざに発展しないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


まずは確認しておきましょう


対処法を考える前に、まずはお姑さんが本当に嫌味のつもりで言っているのかどうかを確認しておきましょう。

中には、嫌味なんて言うつもりはなく、ただただ、お嫁さんへの優しさからアドバイスしてくれているお姑さんもいます。

だとしたら、それはありがたく受け取っておきましょう。

お姑さんと言っても、全員が意地悪というわけではありません。

あなたに優しく接しようとしているのに嫌味だと受け止められたら、お姑さんが悩んでしまい、あなたのほうが鬼嫁になってしまいますから、十分気をつけておきましょうね。

嫁が姑に嫌味を言われたら~対処法を知っておきましょう

基本は受け流す


確認したけど、やっぱり嫌味を言っているということであれば、まずは受け流しましょう。

意地の悪いお姑さんは、とにかく嫌味を言いたいものなのです。

ですから、あなたがなにか失敗したときはもちろんですが、パーフェクトにこなしたとしても文句をつけてきます。

つまり、何がどうなっても嫌味を言ってくるわけです。

これをまともに取り合っていたのでは身が持ちませんから、上手にかわしてください。

  • 「そうですね」
  • 「はい」
  • 「分かりました」
  • 「すみません」

特に気持ちを込める必要もありませんから、機械的に返しておけばいいでしょう。

下手に反応して感情的になると、お姑さんはもっと嫌味を言ってきます。

「この嫁、嫌味を言っても効果がないわね」と思わせるのが最上の策ですので、上手な受け流し方を研究してみてください。

スポンサーリンク


受け流しきれないときは・・・


受け流そうとは思っていても、どうしてもお姑さんの嫌味を我慢できないこともあるかもしれません。

そんなときには、ちょっと言い返してみる方法もあります。

ただし、これは話がこじれる場合もありますので、ちょっとやそっとのことではへこたれないという、メンタルの強さに自信がある人だけ実践してみてください。

まずは、『お姑さんが言ったことを聞き返す』という方法です。

何か言われたら、いちいちそのまま聞き返しましょう。

ただ、あんまり語気を強くすると、すぐに喧嘩になりますので、お姑さんが言ったことを理解するために聞き返しているフリをしてください。

例えば、「○○さん、この味付けダメじゃないの!」と言われたとしたら、「え、この味付けダメですか?」と、とぼけて聞き返すわけです。

「掃除できてないじゃないの!」と言われたら「掃除できていませんでしたか?」聞き返し、「あなたは、こんなところがだらしないのよ!」と言われたら「私、だらしないですか?」と聞き返します。

この調子で続けていると、お姑さんも疲れてきますから、段々嫌味が減ってくるはずです。

ただし、とぼけた口調で言うことは忘れないようにしてくださいね。

毒になる姑 [ スーザン・フォワード ]
価格:1728円(税込、送料無料)



終わりに


お姑さんに嫌味を言われたときの対処法についてお話してきました。

基本は受け流すことですから、これをしっかりと覚えておいてください。

嫌味に対して嫌味で返すという、いわば同じ土俵に立つと、どんどん話がこじれていきますので、上手なとぼけ方を身につけてください。

先程もお話したとおり、「この嫁、嫌味を言っても効果がないわね」と思わせるのが最上の策です。

感情的にならず、お姑さんの上手を行く嫁になるつもりで、大らかに対処していきましょう。





スポンサーリンク