愛し合って結婚し、愛する人の子供を授かって幸せなはずなのに、なぜか産後、急に旦那のことを「うざい!」と感じてしまう女性は多いものです。

旦那さんが特別暴力的だったり、ひどい仕打ちをしたりするわけではないのに、なんだか癇に障ることもあるでしょう。

ときには、産後のあなたを気遣って優しく接してくれていても、その優しさすらうざいと感じることもあるかもしれません。

旦那さんのちょっとした言動や行動でイライラしたり、ついキツくあたったりすると夫婦間に亀裂が走ることもありますし、何より自分の感情をコントロール出来ないのはツライことですよね。

でも、これは産後に多くの人が経験する、当たり前の心と身体の変化なんです。

だから、なぜ旦那さんをうざいと感じてしまうのか、その理由を知っておけば上手に付き合うことができるはずです。

そこで今回は、産後の心と身体の変化について詳しくお話していきましょう。

スポンサーリンク


その理由は女性ホルモンにあった


実は、産後に旦那さんのことを嫌いになってしまう女性は圧倒的な数に登ると言われています。

その度合には個人差があるでしょうが、うざいというレベルではなく、「顔を見るのも嫌」と思ってしまう人も少なくありません。

もちろん、その中には明らかに旦那さんに問題があるというケースも見られるのですが、むしろ理解のある旦那さんでも許せないような気持ちになることもあるようです。

なぜ、そんな状態になるのでしょうか?

旦那がうざい!産後には心と身体が大きく変化するものです

そこに、女性ホルモンが大きく関わっていることがわかってきました。

言うまでもなく、お産というのは女性にとっての大仕事です。

新しい命を宿し、身体の中で育てて送り出すわけですから、様々な変化が起きることなんですね。

そして、その変化を起こすために働くのが女性ホルモンです。

女性ホルモンの力はかなり大きなもので、細胞レベルでの変化を起こすと言われているんですが、それが心にも少なからず影響をおよぼすことがわかってきました。

つまり、産後に旦那さんのことをうざいと感じてしまうのは、行き違いやわがままだけが原因ではなく、女性ホルモンによる避けられない変化が影響しているということなんです。

スポンサーリンク


産後クライシスは反抗期と似ている


産後にちょっとしたことでイライラし、旦那さんのことが嫌いになると離婚問題などに発展するケースもあります。

そのため、産後の心の変化のことを『産後クライシス』と呼ぶこともあるのですが、これは反抗期と似ていると言われています。

反抗期と言えば思春期の、子供の身体から大人の身体へと著しく変化するときに迎えるものですよね。

このときの変化に大きく関係しているのもホルモンですが、思春期にホルモンバランスが変わることで心にも大きな影響があることはよく知られています。

そして、質は違うものの、規模から言うと思春期と同じくらいのホルモンバランスの変化が、産後にも起こっているということなのです。

つまり、心身が不安定になっても不思議ではない時期だということですね。

ですから、ご自身でも、またできれば旦那さんも、事前にそのことを知っておくことが必要です。

そして、反抗期が大人になるために必要なものであったのと同様、産後クライシスも次の夫婦関係のステップに進むために必要なものとして対処していきましょう。

産後クライシス [ 岡野あつこ ]

産後クライシス [ 岡野あつこ ]
価格:1,404円(税込、送料込)


終わりに


産後に、なぜ旦那さんをうざいと感じてしまうのか、それが女性ホルモンの影響によるものだということをお話してきました。

心と身体に、思春期と同じくらいの変化が起きるのが産後ですから、感情的に不安定になったとしても不思議ではありません。

大切なのは、それを知ったうえで感情に流されないようにすることです。

産後クライシスを乗り切ることは、夫婦間の絆を深めることにもつながるはずですから、うざいという気持ちに流されないようにしたいですね。

スポンサーリンク